サラ金の時効援用は成功しない?難しい理由と注意点!

サラ金にも時効がありますが、なかなか成功しないとも言われています。

栄美

栄美
借金にも時効ってあるんだね!
愛子

愛子
そうなのよ!借金を時効でチャラにしてもらうなんて虫のいい話なんだけどね。

携帯電話の割賦支払いも実は借金!今どき、借金が無い人の方が少ないですよね。

カードローンなど、借金している感覚があまりないので、中には不足するお金を補うため、サラ金に頼る人もいるでしょう。

そんなサラ金の利用において借金がふくらんだ場合、時効の援用は成功しないのでしょうか?

そこで今回は、サラ金と時効の関係を確かめ、時効の援用が果たして可能かどうかを取り上げて解説していきます。

スポンサーリンク

サラ金の時効はいつからカウントして何年?

サラ金の時効は最終返済日の翌日がカウントのスタート、カウントが始まる日のことを時効の起算点と呼びます。

借金の時効を考える上でポイントになるのは、債権者がどのような立場であるかになります。

債権者が大きく分類したときに商人であれば、時効まで5年とされています。

貸金業者はもちろん商人に含まれますので、消費者金融やカード会社、サラ金から借金をした場合には時効は5年が適用されます。

一方、債権者が個人や信用金庫の際には、民事時効が当てはまるため、時効まで10年を要します。

サラ金の時効は最終返済日の翌日から5年の経過が必須、この5年間は時効の中断を起こさないようにしなければいけません。

また、カウントが終わり5年経過しても、時効の援用を行わなければ借金は帳消しになりません。

時効は簡単に成立するものでは無いので、これを前提に借金はしないように心がけましょう。

時効が成立しているかどうか確認する方法

条件として、最終返済日の翌日から5年か10年を経過していることがあげられます。

まずは時効の起算点が、いつであったのかを確かめる必要があります。

過去に債権者から届いた督促状や請求書を保管していれば、そこに時効の起算点が記載されているでしょう。

こうした書類を紛失しているときには、信用情報機関に情報開示を請求する手段で確認をできます。

クレジットカードの信用情報を、自分で確認しておきたいことがありますよね。 自分の信用情報がどこに記録されていて、どんなこと...

貸金業者に直接問い合わせると、債務の承認になるので時効は中断されてしまいます。

必ず時効の起算点は自ら書類を確認するか、もしくは情報開示などを利用し、貸金業者には聞かないように徹底することです。

起算点が判明すれば、時効に要する期間が経過しているか分かります。

ただし、時効の中断にはくれぐれも注意が必要です。

貸金業者が裁判を起こしているようなら、時効の成立には期待をできません。

住所を貸金業者に知られていない場合、督促状や裁判に関する書類も手元に届きません。

裁判の事実を確かめたい場合は、弁護士や司法書士に相談した方が確実です。

サラ金業者は時効を中断することができる

サラ金業者であっても時効の中断は可能、時効の援用が完了するまで安心はできません。

時効の中断が成立してしまえば、最終返済日から例え年月が経過していてもまたカウントは0に戻ります。

自分が時効の中断にあたる行動をしていないか、これについてよく知ることが大切です。

中断に用いられる手段として有名なものは債務の承認、時効を待っているときに債権者に対して債務があると認めたときにこれは発生します。

債務を認める行為とは債務承認書にサインするだけでなく、例え1円であっても返済をしてしまえば当てはまります。

時効を目的にしているなら、サラ金からどれだけ頼まれてもお金を渡してはいけません。

これ以外にも裁判を起こされたときには、時効の中断は避けられなくなります。

スポンサーリンク

サラ金の借金を時効でチャラにできる可能性は?

当然ですが、サラ金業者は時効の中断を手段として活用します。

裁判を起こされては避けようが無いので、サラ金から借りたお金を時効でチャラにすることは非常に難しいといえます。

時効には更に援用が必要、援用を行う方法は特に決まっていませんが、時効の援用をした証拠は残すことが必須です。

そこで手段としては、配達証明付きの内容証明郵便が適しています。

ただし、時効援用通知などの書類には氏名のほか住所の記載も必要なため、これを送ればサラ金業者に現在の住所を知られます。

5年間など時効に要する時間がしっかり過ぎていないと、援用の手続き後にサラ金業者から督促状が届きます。

時効援用通知の内容も間違えてしまえば、債務の承認をしたことになり兼ねません。

援用をしなければ借金の督促を受けない可能性も考えられますので、時効で借金をチャラにするのは総じてリスクが高くなっています。

サラ金時効まとめ

サラ金から借金をした場合、時効の起算点は最終返済日の翌日、時効が成立するまで5年間かかります。

時効の起算点が不明であれば、自分で保管しておいた督促状や請求書を確認してください。

これらを持っていないようなら、信用情報機関に登録された事故情報の開示請求を行いましょう。

サラ金であっても、時効の中断は実践可能なため、時効の成立を目指すなら時効の中断には気をつけることが重要です。

債務の承認をしないようにするだけでなく、裁判を起こされていないかも確認をしなくてはいけません。

時効の完成には援用が必須、援用を実行するとサラ金業者に住所が伝わります。

しっかり時効の援用をしても問題無いか、これを確かめてから実行しないと藪蛇になる可能性も考えられます。

スポンサーリンク

関連記事

時効の援用にはどんなデメリットがある?知らずにやると後悔することも!

時効の援用に失敗するとどうなる?対処法はあるの?

時効の援用とは?どんな場合にどんな人が利用できる?

時効援用手続きは債務整理より困難?その方法と注意点!