借金の取り立てが時間の規制に該当しないのはどんな場合?

取り立て時間 借金取り立て

借金の取り立て時間については、貸金業法21条で厳しく規制されています。
これに違反すると金融業者には厳しい罰則があるので、正規業者であれば遵守して取り立てを行います。

愛子
愛子

でもですね、お金を貸したら返してもらうのは当然の権利ですから、返済支払が滞っていたら、なんとかして連絡を取ろうとするのも当たり前のこと。

そもそも、契約通りに返済していないのが原因なので、夜討ち朝駆けで取り立てされたからと、訴えることができるものでもない。

また、厳しい規制とされる貸金業法にも曖昧な部分もあるんです。

借金した本人以外の人に取り立てすることは、禁止されているので、身内の者が取り立てされた場合は、時間に関係なく違法です。

同居している場合、本人への取り立てであっても家族にも迷惑なことですよね。

貸金業法で禁止されている時間帯に取り立てがあるのは、借金問題が深刻化している場合もあるので、本人と相談の上、対処が必要になってきます。

スポンサーリンク

借金の取り立て時間の規制とは

貸金業法で定められている、借金の取り立て時間の規制を掘り下げて見てみましょう。

貸金業法第21条第1項1号の時間規制

貸金業法第21条第1項1号で、取り立て時間について下記のように定められています。

正当な理由がないのに、社会通念に照らし不適当と認められる時間帯として内閣府令で定める時間帯に、債務者等に電話をかけ、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の居宅を訪問すること。

「社会通念に照らし不適当と認められる時間帯」って、いったい何時なのか判断しにくいですね。

具体的な時間帯は、午後9時~午前8時です。
ですので、深夜や早朝に取り立てされることはありません。

でも、これは「正当な理由がないのに」という場合なんです。

正当な理由とは、規制の範囲内で債務者との連絡が一切取れない場合です。

  • 取り立ての郵便物を送付しても連絡がない
  • 携帯や自宅電話にかけても出ない
  • 自宅訪問をしても会うことができない

金融業者からすると、まずは、いつ返済できるのか、返済可能なのか等を把握するために連絡を取りたいだけなのです。

正当な方法で連絡が取れない場合に、規制されている時間帯に取り立て行為をしても「正当な理由がないのに」に、該当するので違法ではないことになります。

貸金業法第21条第1項2号の時間規制

貸金業法第21条第1項2号では、下記のように定められています。

債務者等が弁済し、又は連絡し、若しくは連絡を受ける時期を申し出た場合において、その申出が社会通念に照らし相当であると認められないことその他の正当な理由がないのに、前号に規定する内閣府令で定める時間帯以外の時間帯に、債務者等に電話をかけ、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の居宅を訪問すること。

解釈が難しい文章ですね。

「債務者等が弁済し、又は連絡し、若しくは連絡を受ける時期を申し出た場合」とは、「この時間なら連絡をしても良いです」と、応対可能な時間を伝えた場合になります。

借主が、連絡や取り立てに応対できる時間を知らせている場合は、それ以外の時間に、電話、FAX、訪問などで取り立てをしてはいけないんです。

ですが、連絡が取れる時間帯を指定しておきながら、その時間内の連絡に応じなければ、なんとしても連絡を取ろうとするのは当然ですよね。

また、ここでも「正当な理由がないのに」となっているので、無視し続けたら指定した時間以外の取り立ても違法ではないことになります。

スポンサーリンク

借金の取り立て時間の規制に該当しない場合とは

借金の取り立て時間の規制に該当しない場合は、前述のように、規制範囲の時間では連絡が取れない場合で、やっても違法ではないことになります。

また、貸金業法は、「個人からの取り立て」には、該当しません。

友人、知人、親戚などからの借金の取り立ては、深夜や早朝の電話や訪問も違法ではないですし、罰則もないのです。

個人間での借金は、人間関係が絡むので、貸してくれた相手も催促したくても遠慮している場合が多く、深夜に何度も取り立て電話してくるようになった時は、激怒していると思った方が良いですね。

日中は、仕事の関係などで連絡がとれず、夜中にしかできない場合だってありますから、状況にもよりますが、自分が貸した側だったとしたら、と考えると、相手の怒りも察しがつくでしょう。

借金の取り立て時間の規制なんか関係ない業者

貸金業法の規制が通用するのは、正規に認可された業者の場合に限られると思っていた方が良いです。

裏社会の闇業者の存在も多く、法令に詳しく、違反ギリギリで強行手段をとったり、法の抜け道に熟知していたりします。

闇金

「無審査・無担保・即日OK」などと謳っている業者の中には、貸金業の認可を受けていない業者もあり、時間の規制なんか関係ない! とばかりに取り立てされます。

脅迫されたり、暴力行為などもあり身の危険を感じるようであれば、警察へ通報した方が良いですが、録音するなどで、何らかの証拠は必要ですね。

取り立て代行闇業者

借金の取り立てを代行する、債権回収業者も正規に許可された業者と、無認可の闇業者があり、正規の認可業者は貸金業法に則って取り立てを行います。

ですが、代行の闇業者は、取るために債権を譲り受けているのですから、貸金業法なんて関係ない! と、強行な取り立てをする場合もありますから要注意です。

正規の金融業者が闇業者に代行依頼することはありません。

個人間の借金で、代行回収の業者が来た場合は、間違いなく闇業者です。

借金の取り立て時間 まとめ

借金の取り立て時間については、貸金業法で厳しく規制されているので、返済が遅れたとしても連絡を取っていれば深夜や早朝の取り立てはありません。

返済遅延の連絡を撮る場合は、返済予定を告げておくこと。いつ返せるのか、いくら返せるのかを明確にしないと取り立ては止まらないですけどね。

深夜~早朝に取り立てされたくなかったら、相手からの連絡に応じることです。

借りたものは返すのが道理ですから逃げない事ですね。

また、迷惑な時間帯に、不審な電話や訪問がある場合は、身内の者が借金問題を抱えている場合もあるので、注意が必要です。

貸金業法で規制されている時間帯に取り立ててくるのは、違法業者の可能性が高いですから、折を見て問い質した方が良いかもしれません。

▼関連記事▼
借金の取り立ては身内にもくるの?被害を回避する方法とは!

スポンサーリンク

この記事を書いた人
愛子

愛子と申します。
現在、家族揃って平穏な暮らしをしておりますが、会社の経営に行き詰り、将来の不安に押し潰されそうな日々を送っていた過去があります。
そんな経験を基にこのブログを書いています。

愛子をフォローする
借金取り立て
愛子をフォローする
借金返済の匠
タイトルとURLをコピーしました