ブラックリストだからといって住宅ローンが組めないわけじゃない!

ブラックリスト入りする理由は様々、ブラックリスト入りした当事者の信用情報は基本的に大きく傷つきます。

栄美

栄美
ブラックリストになったら住宅ローンとか絶対無理だよね!
愛子

愛子
住宅ローンは金額が大きいから、普通でも審査が厳しいからね。でも、一生できないわけじゃないわよ。

一度でもこうしたブラックリストに載れば、住宅ローンを組むことは難しくなってしまうと思いがちですよね。

確かに難しいですが、ブラックになったからといって一生ローンが組めないわけではありません。

ブラックリストに載る理由や情報開示請求のデメリットを踏まえ、ブラックリストと住宅ローンの関係について注目してみましょう。

スポンサーリンク

ブラックリストになってしまうのはどんな理由?

ブラックリスト入りする代表的な理由として、クレジットカードにおける返済を延滞することがあげられます。

返済を2~3か月できないようなら、ブラックリスト入りは避けられないですし、自己破産などの債務整理を実行しても、ブラックリストに載ることはよく知られています。

このほかには、短期間においてクレジットカードや銀行にローンなどをあわせて申し込む、多重申し込みにも注意をしなければいけません。

栄美

栄美
一度に複数の借金を申し込むのって不自然だよね。
愛子

愛子
そうそう、多重債務者じゃないかって疑われる可能性があるのよ。借金を借金で返済してるんじゃないかってね。

もうひとつ、携帯電話の通話料金と端末割賦代金の滞納が発生した場合にも、ブラックリスト入りする危険があります。

ブラックリストかどうか情報開示すると不利になることも!

個人信用情報の開示請求を信用情報機関に対して行えば、誰でもブラックリストに自分が載っているかを確かめられます。

しかし、この開示請求を実行した場合、実はその履歴は個人信用情報上に登録されてしまいます。

結果としてブラックリスト入りの事実が無くても、開示請求の履歴は残り続けるので要らぬ疑いの原因になり兼ねません。

開示請求後に新規カード申し込みなどを行うと、カード会社にこのような履歴が知られます。

確実に開示を求めた事実が不利に働くわけではありませんが、やはり審査では懸念材料のひとつに判断されやすいでしょう。

ブラックリスト入りするような行為をしたために、開示請求をしたとみなされてしまう心配はどうしても出てきます。

開示請求の履歴は基本的に1年間ほど登録され、時間経過によってのみ抹消されます。

費用も開示請求には要しますし、自分で問題無いと感じているようなら、情報の開示請求は安易にしないほうが良いと言われています。

ブラックリストが消えてもすぐに住宅ローンが組めない理由

住宅ローンを組む際には審査があり、ブラックリストになった事実が無いかを金融機関が調べます。

信用情報をしっかり確認した上で融資の判断がされるため、ブラックリストと住宅ローンにはそもそも深い関係があるのです。

一方で、ブラックリストから消えたときには、その個人にはブラックとは逆にスーパーホワイトとされる状態が現れます。

栄美

栄美
スーパーホワイトって良い状態になったってことよね?
愛子

愛子
そうでもないのよ。
信用情報が真っ白になるのは、借金を全くしたことがないか、債務整理したことがあるかだからね。

スーパーホワイトでは、信用情報機関において個人情報が何も見られない特徴が発生します。

住宅ローンの審査で何も情報が得られないと、金融機関はそれを不審に思いますので、基本的にスーパーホワイトは警戒されやすくなっています。

こうなってしまえば、ローンは当然組めない結果につながるでしょう。

スーパーホワイトの人が審査に落ちないためには、1年ほどクレジットカードなどを利用して信用を得ることが大切です。

また、住宅ローンが組めなかったときに多重申し込みをすれば、再びブラックリストに載るリスクが高まります。

ブラックリストから消えたといっても安心せず、しばらくは信用を重ねるように努めることです。

金融業者が必要としている信用情報は、借金を約束どおり支払ってくれるかどうかですからね。

スポンサーリンク

ブラックリストでも住宅ローンの審査に通ることもある?

住宅ローンの審査では総合的な判断がされるので、たとえブラックリスト入りしていても審査に通ることは期待できます。

ブラックリストに載っていれば、個人の信用は当然ですが低下しています。

住宅ローンの審査が通るには、この信用についたマイナスを補う返済力などを示さなければいけません。

方法としては、頭金を事前に用意しておき、融資額そのものを減らす手段が有効です。

これ以外には、返済すべきものを既に完済しておくことや、利用した事実の存在しない金融機関に申し込むことなどがあります。

栄美

栄美
利用した事実の存在しない金融機関ってどういうこと?
愛子

愛子
過去に利用していた金融機関だと、社内ブラックになっている可能性があるのよ。
社内ブラックになると二度と借金はできないから避けた方がいいの。

住宅ローンの申し込みには収入が安定していることも大きなポイント、勤続年数や収入も大きな要因になります。

ブラックでも、返済能力が十分にあると判断すれば審査に通ることもあるのです。

ブラックリスト住宅ローンまとめ

延滞や債務整理の実行によって、誰でもブラックリスト入りするリスクは持っています。

自分がブラックリストに載っているのか気になるところですが、情報の開示請求を行うとその履歴は1年ほど登録されてしまいます。

事故情報が登録されていなくても、開示請求をした事実が住宅ローンの申し込み時などに金融機関には伝わります。

開示請求を要した経緯が疑われる可能性もあるため、できれば開示請求は避けるようにしましょう。

ブラックリストから消えた直後には、個人の信用情報がまっさらになるスーパーホワイトと呼ばれる状態になります。

信用情報が無い際には住宅ローンの審査を通るのが困難、ある程度クレジットカードの利用などで信用を得てから審査をくれぐれも受けてください。

ただし、ブラックリストでも融資額を減らしたり、借入を完済しておくことで住宅ローンに通る場合があります。

自分がどのように評価されるのか、しっかり確かめてから住宅ローンに申し込みをしていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

クレジットカードの信用情報を自分で確認する方法

携帯電話でブラック リストになる滞納期間や他のローンへの影響は?

ブラックリストかどうか確認する方法は?ブラック入りする事故は何?

信用情報の見方は?ブラックかどうか開示報告書のどこで分かる?

ブラックリストの期間はどれくらい?消し方ってあるの?