借金の担保になっている不動産が競売されそうなときの債務整理とは!

借金の担保のほとんどは土地などの不動産ですよね。

住宅ローンはもちろん、事業資金の借金のために自宅を担保に入れていたり、親の不動産を子の借金の担保に提供しているケース多いですよね。

担保設定している借金が返済できなければ、その不動産が競売されることもあります。


借金は整理したいけど、家がなくなると困るよね。

そうだよね。
上手くいけば住み続けることもできないことはないけど。

住宅ローンを組んでいれば土地や家は担保に入っているのは当然で、返済できなくなったら手放すことも視野に入ってきます。

住宅ローン以外に事業資金の借り入れのために抵当権を設定している場合で、事業の借金が返済できないときは、自宅を手放すことは免れないでしょう。

条件が揃えばということにはなりますが、打つ手がないわけでもありません。

スポンサーリンク

借金の担保が住宅ローンだけの場合

借金の返済が困難になってしまったとき、なんとかして愛着があるマイホームの競売だけは免れたい、ここに住み続けたい、と思いますよね。

住宅ローン以外に複数の借金の担保に入っている場合は、難しいですが、住宅ローンだけの場合は何とかなることもあります。

銀行と相談してリスケジュールする

転職や減給などで収入が減ってしまい返済が苦しくなることもありますよね。そんな場合でも、月々の支払額が減れば返済できるなら銀行と相談することです。


友達のAさんがお給料が激減して、住宅ローンどうしようって言ってたことあったよ。
でも、お引越ししてないわ。

たぶん、銀行と相談して上手くいったのね。

住宅ローンの元本を減らしてもらうことはできないですが、月々の返済額を減らせるように返済期間の延長でリスケジュールすることができます。

自己破産されて競売になったら、利息はもちろん元金も全額は回収できなくなるので、銀行もリスケに応じた方が得策なのです。

住宅ローンの返済が苦しくなったら、まずは銀行に相談することですね。

住宅ローン以外の借金を圧縮する

住宅ローン以外の借金が増えてしまって、住宅ローンの返済も苦しくなった場合は、住宅ローン以外の借金を債務整理することで、家を手放さずに済みます。

任意整理ができれば良いのだけど、住宅ローンは今まで通り払わないといけないので、その他の借金返済額は少ない方が楽ですよね。

そんな場合は、任意整理より借金の減額幅が大きい個人再生で債務整理した方が良いですね。

ただ、減額後の借金残額を3年以内に払ってしまわないといけないので、継続した安定収入があることが条件です。

また、圧縮しても住宅ローンと合わせると月々の返済が苦しい場合は、個人再生の返済期間中の住宅ローンは元本据え置きでリスケも必要になってきます。

家を失っても住み続けることもできるかも

住宅ローンの返済がこれ以上は無理というときは、抵当権が設定されている不動産の売買は勝手にできないですから、まずは銀行との相談が必要です。

そのとき、家を購入してくれる買い手が見つかっていると話が早いです。

親戚などの身内に購入してもらい、家賃を支払って住み続けることもできるからです。

競売になると通常の売買価格よりかなり低い金額で取引されるので、競売される前に銀行と相談して任意売却することができるのです。

ただ、都合よく買い手が見つかっていない場合の任意売却は長期化しますし、借金が精算できるほどの金額で売却できない場合も多いです。

近くの不動産屋で、売買価格の見積もりを取ってみて、高く売れる見込みがあるときは銀行と相談してみても良いと思います。

売却後、住み続けられるかどうかは、購入者次第になるので可能性は低いです。

スポンサーリンク

借金の担保が住宅ローン以外にもある場合

商売をしているなど事業資金の借り入れのために、自宅が住宅ローン以外の借金にも担保設定されている場合もありますよね。

銀行の他に、金融公庫や保証会社など複数の抵当権が設定されていたりしますが、不動産が担保に入っているかどうかは、登記簿謄本を取れば分かります。

住宅ローン以外に担保設定されている場合は、個人再生をすることはできませんし、住宅ローンのリスケジュールだけでは返済ができないこともあります。

自己破産の決断をする

債務整理の方法を色々と検討してみたけれど、なにをしても返済不能となれば、自己破産の決断も必要になります。


自己破産をおすすめするわけではないけど、破産後の生活は思いのほか穏やかでしたよ。

決断が遅くなればなるほど、借金が増えてしまう可能性も高いので、早めに決断した方が良いですね。

自己破産の申立をすると、自宅は裁判所によって競売されますが、競売が完了するまでは自宅は自分の所有物なので住み続けることができます。

競売は、早くて半年、長ければ1年以上かかることもありますから、その間に引っ越し先を探したり、引っ越し準備もゆっくりできます。

破産申立後は借金の返済がなくなりますし、破産後の給料は差し押さえらえることもなく全額を自由に使うことができます。

破産手続きは裁判所の方で、坦々と進められるので、自分は再スタートすればいいだけなのです。

ただし、自己破産すると保証人や家族にも大きな迷惑がかかるので、できれば自己破産になるまでに債務整理を検討した方が賢明ですよ。

まとめ

自宅などの不動産が借金の担保に設定されている場合に、返済ができなくなると、最悪の場合、競売にかけられて自宅を失うことになります。

競売されると売却価格はかなり低くいので、残債務が多額に残り自己破産することになります。

特に住宅ローンの返済が困難になった場合は、銀行と返済方法を相談してみましょう。

持ち家を守れる債務整理の方法もあるので、自己破産⇒自宅の競売、となるまでに手を打つことで、住み続けられる可能性もあります。

自己破産は、何をしてもダメな場合の最終手段ですが、それほど悲惨なものでもありませんから、不安はあると思いますが、借金整理にきちんと向き合うことですね。

スポンサーリンク

関連記事

債務整理の費用は高いにもかかわらず殆どの人が払える事実とは!

債務整理後もクレジットカードを持つことができるのか!

債務整理の種類の違い!弁護士に相談する前に知っておくべきこと

借金の債務整理はどんな場合にどの方法を選ぶべきか

債務整理をしたら借金が帳消しなるのはどんな場合?

借金いくらある?債務整理をするために必ず確認すべきこととは!