債務整理後に住宅ローンを組むために注意することとは!

債務整理後は住宅ローンが組めなくなるのではと心配する方も多いですが、一生住宅ローンが組めないわけではありません。


マイホーム、やっぱり夢だよねー!

住宅ローンを組まずにマイホームを持てる人って、ほとんどいないから、夢を叶えるためにも債務整理のおさらいをしておくと良いわね。

住宅ローンは借金額も大きくなるので、確実な返済計画を立てることが大事ですが、すでにある借金が障壁になっていたりしませんか?

そこで、今回は、住宅ローンを踏まえた債務整理の注意点をお伝えします。

スポンサーリンク

債務整理後は住宅ローンが組めなくなる

住宅ローンは個人の借金の中でも多額でローン年数も長期ですから審査も厳しいです。

債務整理をしたということは、借金の返済が困難な人と判断されるので、債務整理後は住宅ローンが組めなくなります。


やっぱり、債務整理したら不利だよね。

借金の返済ができない人に貸さないのは当然だものね。

住宅ローンを申込むと、年収や勤務先、勤続年数、年齢、信用情報などを申し込んだ金融機関が調査して審査されます。

信用情報の調査で、信用情報機関に登録された金融事故(債務整理をした事実)が確認されると、住宅ローンの審査は通過しないのが通常です。

でも、信用情報機関に登録された金融事故は一定期間で削除されるので、一生住宅ローンが組めないわけではありません。

何年で債務整理後に住宅ローンが組める?


債務整理後、どれくらいで住宅ローンが組めるの?

一般的には、信用情報機関の記録保存期間が目安ね。

借金の個人情報は、金融機関の形態によって3つの信用情報機関に登録されます。

信用情報機関によって記録の保存期間が違うのですが、自己破産以外の債務整理なら、5年間ですね。

金融事故の記録保存期間

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 銀行・信金・信組・農協系の信用情報を掲載
    ・任意整理、特定調停、個人再生:5年
    ・自己破産:10年
    ※銀行系の金融業者だけが照会する

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 消費者金融系の信用情報を掲載
    ・任意整理、特定調停、個人再生:5年
    ・自己破産:5年
    ※すべての金融業者が照会する

  • 株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
  • 信販会社の信用情報を掲載
    ・任意整理、特定調停、個人再生:5年
    ・自己破産:7年
    ※すべての金融業者が照会する

債務整理をしていたら、住宅ローンを組むときに不利になるからといって、債務整理が必要な状況のまま放置したとしても、借金状態をチェックされたら審査通貨は難しいと思います。

そもそも、債務整理を検討するような家計状態で、さらにローンを組んで返済額を増やすことなんて無謀ですものね。

家族に内緒の借金があって、マイホーム計画を持ち出されうろたえている旦那さんもいらっしゃるようですが、正直に打ち明けて家族で協力してマイホーム計画を進めた方が良いですね。

スポンサーリンク

ブラックリストから消えたらすぐに住宅ローンが組める?

信用情報機関の金融事故記録(いわゆるブラックリスト)が削除されたら、すぐに住宅ローンが組めるのでしょうか?


ブラックリストが削除されたら、真っ白だよねー♪

そうね。
普通は真っ白ほど有利だと思うわよね!

えっ!?ちがうの?

実は、真っ白だから不利ってこともあるのよ。

債務整理などの金融事故だけでなく、ちゃんと返済している借金も記録されていて、返済実績なども重視されるんです。

借金をきちんと返済している記録も載っているので、返済実績が評価されます。

ところが、債務整理の自己記録が削除されると、借金の記録自体が消えるので、無借金状態になるので、返済実績の判断ができないんですよね。

さらに、債務整理後、一定期間で記録が削除されると真っ白状態になることを金融機関も知っているので、過去に債務整理をした可能性があると見られてしまうんです。

スーパーホワイトリストって言われたりもします。

ブラックリストが消えたら、審査が通りやすい消費者金融のクレジットカードを作って、返済実績を積んでから住宅ローンの申込みをすると通りやすい場合もあります。

公務員や上場企業に勤務しているなど、安定した収入が確実場合は、スーパーホワイトでも審査に通る場合もあるようですよ。

どうしても喪明け前に住宅ローンが組みたいときは?

ブラックリストが消えることを喪明けと言われたりもしますが、喪明けまで待てないときもありますよね!


安くてお得なマンションとか見つかっても喪あけ前だと諦めるしかないのかなぁ。

確かに、喪明けを待っていたら良い物件が無くなるってこともあるわよね。

信用情報機関にブラックリストの記録が残っている状態で住宅ローンを申込んでも、ほぼ確実に審査に落ちてしまいます。

でも、今逃したら買えなくなる物件があって、どうしても住宅ローンを組みたい場合もありますよね。

そんな場合、債務整理をした本人で住宅ローンを組んでも通らないので、配偶者など家族に収入があれば、家族名義で住宅ローンを申込んでみるのも一つの手です。

債務整理した借金の連帯保証人になっていなければ、ブラックリストになったことが家族に影響することはないですからね。

ただ、購入した家の名義も住宅ローンを組んだ人の名義になるので、将来的に不都合があるような場合は、無理をしない方が良いです。

まとめ

債務整理後は、約5年間は住宅ローンを組むことはできないと思っていた方が良いです。

「債務整理=返済困難な人」と判断されるので、借金ができないのが当然なんです。

また、ブラックリストから削除され、喪明け状態になったとしても、信用情報が真っ白すぎて、債務整理の過去があると疑われることもあります。

債務整理後に、住宅ローンの審査に通りたければ、喪明けを待ってから、少額のクレジットカードを約束通り返済しながら利用して返済実績を作ることです。

どちらにしろ、債務整理が必要になった状態では、マイホームを持つことは無謀な家計ですから、きちんと債務整理をしてからの方が良いです。

スポンサーリンク

関連記事

借金に保証人がついている場合の債務整理を円滑にするには!

債務整理の無料相談のベストなタイミングや申込先は?

借金の担保になっている不動産が競売されそうなときの債務整理とは!

債務整理の種類の違い!弁護士に相談する前に知っておくべきこと

借金いくらある?債務整理をするために必ず確認すべきこととは!

債務整理の費用は高いにもかかわらず殆どの人が払える事実とは!