債務整理の費用は高いにもかかわらず殆どの人が払える事実とは!

債務整理の費用は何十万もかかり、そんなお金は用意できないから無理と思っている方も多いと思います。


弁護士費用って高いよね!

確かに高いわね。
お金ないのに無理と思うのも当然かもしれないわね。
でも、ほとんどの人は払えるのよ。

債務整理は弁護士や司法書士に依頼することがほとんどで、依頼費用はけっこう高いですね。

でも、債務整理をした人のほとんどが支払いできているんです。

債務整理の費用は依頼する弁護士によって差も大きいのでおよその金額になりますが、どれくらいかかって、どうすれば支払えるのかについて分かりやすくお伝えします。

スポンサーリンク

債務整理の費用はいくら必要?

債務整理にかかる、弁護士や司法書士の費用は法律事務所によって差が大きいのですが、だいたいの目安になる金額を知っておきたいですよね。

債務整理の種類によっても費用が違ってきます。

任意整理の費用

任意整理は裁判所を通さないので弁護士や司法書士への報酬だけになりますが、件数が多いと高くなります。

金融業者1件あたり、3万円~5万円くらいが費用の目安です。

たとえば、整理する借金が5件あって、1社4万円の弁護士だと、4万円×5件で20万円は必要ということです。

個人再生の費用

個人再生は裁判所を介して行われる債務整理で、借金の元本を大幅に減額してもらえますが、手続きも煩雑です。

費用もかなり高く、30万円~50万円くらいが目安で、これ以上の場合もあります。

弁護士に依頼せずに、自分で裁判所に申立をすることもできますが、その場合は裁判所で個人再生委員が選任されます。

個人再生委員は弁護士なので、有料なんです。それなら最初から弁護士に依頼した方が楽ですよね。

自己破産の費用

自己破産の弁護士費用は25万円~40万円くらいが目安ですが、所有する財産が有るかどうかで費用が違ってきます。

財産が有る場合は管財事件となるので、裁判所への予納金が最低20万円は必要になりますので、45万円~60万円くらいが目安ですね。

財産がない場合は、同時廃止になり管財人も選任されないので裁判所への予納金は不要です。

同時廃止の場合は、25万円~40万円くらいといったところでしょうか。

特定調停の費用

特定調停は、簡易裁判所へ自分で申立てする債務整理なので、申立手数料と手続き費用だけで済みます。

1社あたり、1,000円ほどの費用で良いので、5社あったとしても5,000円でできますが、自分でしないといけない煩わしさはあります。

スポンサーリンク

債務整理の費用をどうやって支払う?


う~ん・・・
たとえば、毎月8万円の返済が苦しい人が、20万円の費用なんて払えるの?

まぁ、無理って思うでしょうね。
でも、たいていの人は払えるのよ。

債務整理はお金がなくて返済できない人だから、債務整理を扱っている弁護士や司法書士も費用の支払いに無理がないプランを用意しているんです。

2万円前後の着手金が必要なところもあるけど、着手金なしで後払いの分割でやってくれる弁護士や司法書士が多くなっています。

弁護士や司法書士に債務整理を依頼して受任されると、金融業者に通知が届けられ、その時点で支払いはストップできます。

債務整理の手続きが完了するまでに、数か月かかるので、その間の支払いがなくなる分、お金が浮きますよね。

その浮いたお金を債務整理の費用に充てれば、支払いができるんです。

さらに、任意整理や個人再生をすると月々の返済額が減ってお金に余裕ができるので、分割で支払うことができます。

自己破産だと、返済がなくなった上に、破産申請後の収入は全額自由に使えるので、高額でも分割で払えるんです。

弁護士費用を扶助してくれる法テラスの扶助制度を利用する方法もありますが、立て替えてくれるだけで費用を出してくれるわけではありません。

債務整理の費用は、自分で払わないといけないので、それも含めて弁護士に相談すると良いですね。

まとめ

債務整理の費用は高いですが、弁護士などの法の専門家に依頼した方が解決が早いです。

後払い分割の支払いができる弁護士や司法書士に依頼すれば、債務整理の費用も支払えます。

債務整理の費用は、それまでの返済額を充当すれば支払えるんです。

  • 債務整理に着手すると支払いが止まる
  • 債務整理で毎月の返済額が減る
  • 自己破産すると返済がなくなる

債務整理後の支払いに無理がないように、弁護士と相談しながら返済計画をたてると良いですね。

スポンサーリンク

関連記事

借金いくらある?債務整理をするために必ず確認すべきこととは!

借金の債務整理はどんな場合にどの方法を選ぶべきか

債務整理をしたら借金が帳消しなるのはどんな場合?

債務整理の種類の違い!弁護士に相談する前に知っておくべきこと

債務整理の無料相談のベストなタイミングや申込先は?

債務整理のデメリット!配偶者や家族にも影響があるの?