任意整理後の借り入れが可能な時期や信用回復のための生活心得

任意整理後は借り入れができなくなるので、困ることもありますよね。


永久にできないわけじゃないよね?

そうそう、一時だし、生活を改める期間と思えばいいのよ。

任意整理後は新たな借金ができないからと、手続きに踏み切れない方もいますよね。

でも、そんな借金生活を改めないと、いつまでも借金苦から抜けられなくなり、任意整理しなくても住宅ローンや車ローンも組めなくて困ったりすることもあります。

今回は、任意整理後の借り入れについて詳しくお話しします。

スポンサーリンク

任意整理後の借り入れはいつから?

任意整理をすると、信用情報機関に金融事故情報として記録され、いわゆるブラックリストになってしまいます。


ブラックリストが別にあるわけじゃないのね。

金融事故情報が記録されたってことなのよ。

金融機関の形態によって、記録される信用情報機関が異なりますが、任意整理に関しては記録の保存期間はどの機関も5年です。

借り入れの申込があると金融業者は必ず信用調査をするので、事故情報が記録されている5年間は、新たな借金ができませんが、永久にできないというわけではありません。

信用情報機関ごとの金融事故の記録保存期間は以下の通りです。

金融事故の記録保存期間

  • 株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
  • 信販会社の信用情報を掲載
    ・任意整理:5年
    ※すべての金融業者が照会する

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 消費者金融系の信用情報を掲載
    ・任意整理:5年
    ※すべての金融業者が照会する

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 銀行・信金・信組・農協系の信用情報を掲載
    ・任意整理:5年
    ※銀行系の金融業者だけが照会する

任意整理後の分割支払いは、最大で5年間ですから、その期間中くらいは借金ができない方が、借金に頼らない家計習慣ができます。

任意整理後は手持ちのカードも使えない?

任意整理前からの手持ちカードが使えるかどうかは、金融機関の判断次第ですね。

金融業者は与信といって、更新時や定期的に信用情報機関を閲覧して調査します。貸したお金が回収できなくなることを未然に防ぐために信用調査です。


解約されなかったカードも使えないの?

使えるかもしれないけど、
分からないし使わない方が良いかな。

手持ちのカードで新たなショッピングやキャッシングができるかどうかは、金融業者の判断によるので、できるともできないとも言えないですね。

任意整理をしても手持ちのカードが使えるケースもあり、きちんと支払えるなら使っても良いと、弁護士さんは言われます。

ただ、借金を増やしてしまうと月々の支払いが苦しくなり、任意整理の和解金が支払えなくなることもあるので、手持ちのカードは使わない方が良いです。

スポンサーリンク

任意整理後は住宅ローンが組みにくい?

住宅ローンは銀行で組むことがほとんどだと思いますが、銀行は審査が厳しいので、任意整理後、和解金の支払いが完了しても組みにくいことが多いですね。

信用情報機関に事故情報が記録されている期間は、基本的に住宅ローンは組めません。


OKの銀行もあるよね?
ダメだったら次の銀行に申し込めばいいのかな?

それはしない方が良いわね。
審査落ちの記録がいっぱい残っちゃうのよ。

任意整理後に住宅ローンを組みたい場合は、信用回復を図りながら少し慎重にした方が良いです。

  • 信用情報の開示をして確認する
  • 審査落ちの記録を増やさない
  • 喪明け後に返済実績を作る
  • 任意整理した銀行は避ける

むやみに住宅ローンの申込をして審査落ちすると、審査に落ちたことも記録されるので、事前に信用情報の開示を行って確認した方が良いです。

信用情報機関から金融事故が削除されると「喪が明けた」などと言われますが、事故記録が消えても、すぐには住宅ローンの審査が通りにくい場合があります。

事故記録が消えると、真っ新なホワイトリストになるのですが、債務整理をした可能性があると判断されてしまうからなんです。

金融機関の信用は、借金をきちんと返済しているかどうかも重視しますし、カードローンのひとつもない人は少ないので不信に思うこともあるのです。

その場合は、審査に通りやすい消費者金融でカードを作って利用し、遅延なく返済する実績を作ると良いです。

店舗のクレジット付きカードとかなら作りやすいと思います。

ちなみに、私は自己破産をしているのですが、喪明け前に家電店でクレカ付きのカードに切り替えが必要になり、審査落ちすると思いつつ申請したら通りました。

また、任意整理した銀行では永久に住宅ローンの審査が通らないことがほとんどなので、借入先から外した方が良いです。

公務員や上場企業など、勤務先によっては、喪明けすぐに住宅ローンを申込んでも審査が通る場合もあります。

要するに、返済能力があるかどうかによるということですね。

任意整理後の生活心得

任意整理をしたのに、和解金を払い終えないうちに個人再生や自己破産などの債務整理をする人も少なくありません。

そもそも、無理な返済計画を立ててしまうと、和解金が支払えなくなり、再度債務整理をすることになってしまいます。

すると、信用情報機関の事故記録の期間が延びてしまい、借り入れできない期間も先送りになってしまいますね。


任意整理後は家計の立て直しを
した方がいいと思いますよ。
  • 和解金を遅延なく支払う
  • 節約&貯金をする
  • 無担保無保証の借金をしない

和解金を遅延なく支払うことはもちろん、貯金するくらいの気持ちで節約生活をすることです。貯金があれば不意の出費にも備えられます。

任意整理などの債務整理を行うと、正規の金融業者からの借金ができなくなるので、無担保無保証で即日借り入れOKなどに手を出しがちになります。

こういった貸金業者は高利な闇金の可能性が髙いので、絶対に手を出さないことです。

任意整理後の借り入れは、和解金をきちんと払い終わってから、どうしても必要な時に、返済計画をきちんと立ててすることですね。

まとめ

任意整理をすると信用情報機関に金融事故としての記録が5年間保存され、いわゆるブラックリストになります。

任意整理後に借り入れができなくなるのは、金融機関が信用情報機関で信用調査をするため、ブラックリストだと審査が通らないためです。

5年経過して事故情報が削除されれば、新たな借り入れをすることが可能になりますが、審査が厳しい銀行系の住宅ローンはすぐには審査が通りにくいです。

信用情報機関で事故情報が削除されたことを確認し、比較的に審査が通りやすいカードローンなどで、返済実績を作ってからの方が良いです。

いずれにせよ、任意整理が必要な状態になっているなら、借金問題を解決して信用を回復することですね。

スポンサーリンク

関連記事

任意整理すると住宅ローンはどうなる?マイホームは一生ムリ?

任意整理の和解ができないケースと交渉に応じない貸金業者の対応

任意整理できない人はどんな人?弁護士に断られるケースとは!

任意整理とはどんな人がどんな時に行うべきなのか?

任意整理の費用はどれくらい?お金がなくてもできる方法とは!

任意整理のデメリットとメリットどちらを優先すべきなのか?