任意整理すると住宅ローンはどうなる?マイホームは一生ムリ?

任意整理をした場合、住宅ローンはどのようになるのでしょうか?

栄美

栄美
家を手放したくないから任意整理するとき住宅ローンがあると迷うよね。
愛子

愛子
そうだよねー!せっかく建てたマイホームだもの。でも、任意整理なら手放さずにできるわよ。

任意整理すると住宅ローンがどうなるのか、家を手放すことになるのかと心配になりますよね。

また、任意整理後は一生マイホームを手に入れることが無理になってしまうのかという不安もあります。

今回はそんな任意整理と住宅ローンについてまとめています。

スポンサーリンク

任意整理すると返済中の住宅ローンはどうなる?

債務整理には3つの方法がありますが、任意整理はその中でも手続きの自由度が高く、比較的簡単な手段として利用されやすくなっています。

その一方で気になるのが、任意整理が返済中の住宅ローンにどう影響するかです。

任意整理を行えば住宅を手放す必要があるのか、これを心配する人は多くいるでしょう。

実は住宅ローンにおいては、任意整理の対象から外すことが一般的と言われています。

任意整理で借金問題が解決できるなら、という条件はありますが、任意整理は住宅ローンを残して家を守りたい人に向いている債務整理の方法なんです。

住宅ローンは任意整理の対象外

住宅ローンは不動産に抵当権が設定されているため、もしも任意整理の対象にすれば、抵当権を住宅ローン会社に執行されてしまいます。

ですから、任意整理の手続きを住宅ローンに対して行った段階で、返済中の住宅は売却される流れになります。

住宅ローンを返済中の住宅を手放さないためにも、住宅ローンは任意整理の対象外にしなければいけません。

ただし、住宅ローン以外の借金を任意整理で減額できても借金が無くなるわけではないので、その返済と住宅ローンの返済ができる収入が必要です。

住宅ローンは返済猶予の相談で対処

任意整理で住宅ローン以外の借金が減額したとしても、住宅ローンの返済が厳しい場合には該当する金融機関に相談すること。

住宅ローンの返済期間を延長してもらったり、一時的に返済猶予をしてもらうといった手段でリスケジュールしてもらうのです。

任意整理後に住宅ローンが組めるのはいつ?

任意整理は裁判所が関与しない手続きですが、実行した際には信用情報機関に事故情報が登録されます。

これがいわゆるブラックリスト入り、登録された事故情報が消えない限り、その個人には以下のようなデメリットが発生します。

  • 新規の借り入れは不可能
  • クレジットカードの発行を受けられない
  • 住宅ローンをほぼ組めなくなる

任意整理はブラックリスト入りをしてしまう手続きなので、こうしたデメリットを踏まえて実行を判断していくことが大切です。

事故情報は抹消されるまで最短5年かかる

任意整理を行ってもしっかり完済すれば、時間経過によって再び住宅ローンを組めるようになります。

延滞をしないことが条件になりますが、記載された任意整理の事故情報は、5年ほどで自動的に抹消されます。

任意整理後に住宅ローンを組みたい人は、まずは借金の完済を目指しましょう。

事故情報が載っていても住宅ローンの審査に通るケースはある

ブラックリスト入りしていても、信用のマイナスを補える返済力を示せれば、住宅ローンの審査に通る可能性は出てきます。

頭金の用意や融資額を減らす手段の活用は必須、借金を完済しておくことや利用したことの無い金融機関を利用するといった方法も有効です。

もちろん住宅ローンの申し込み時に収入が安定していることも主要な条件、住宅ローンを組みたい人は借金の完済にあわせて準備を進めておきましょう。

ブラックリストから削除されても住宅ローンの審査に落ちるのはなぜ?

事故情報の登録が抹消され、ブラックリストから削除されたとしても、それだけで安心してはいけません。

ブラックリストの削除が、即座に個人における信用の回復につながるわけでは無いのです。

スーパーホワイトは住宅ローンの審査に落ちやすい

信用情報機関における個人情報が何も存在しない状態をスーパーホワイトと呼びます。

債務整理後、一定期間でブラックリストから削除された直後には、誰でも一時的にスーパーホワイトになってしまいます。

住宅ローンの審査では、金融機関が信用情報をしっかり確かめた上で融資の判断を行います。

このような経緯において、何も情報が得られない個人が審査を申し込んでいるなら、当然ですが警戒される結果になるでしょう。

「スーパーホワイト=債務整理した人」と疑われてしまうのです。

そのため、住宅ローンに落ちやすくなるので、信用の回復をしてから審査に申し込むことが重要です。

信用の回復に用いる手段ではクレジットカードの利用がおすすめ、1年間ほどクレジットカードを使ってから審査を受けると良いです。

スポンサーリンク

任意整理後に住宅ローンを組むときの注意点

任意整理後には年齢が影響して、新しい住宅ローンの審査が不利になるケースが多く見られます。

住宅ローンの返済期間は長期になりますから、完済するまで収入が必要ですからね。

任意整理後、最短5年は住宅ローンが組めないため、その間に年齢的に融資が受けられなくなるのです。

このように任意整理後における住宅ローンの申し込みでは、様々な要因に対して注意が必要なのであらかじめ押さえておきましょう。

任意整理以外の事故情報に要注意

任意整理を行った対象において借金の返済を終えても、そのほかに事故情報が何か存在しないかを、住宅ローンの申し込み前にしっかり確かめてください。

公共料金や携帯電話料金の滞納は、信用情報を再び傷つける行為に含まれます。

新しく住宅ローンを組む前に注意を払い、心配な人は信用情報機関に対して個人信用情報の開示請求をしてみましょう。

住宅ローンの多重申し込みは厳禁

住宅ローンを組めなかったとしても、焦って申し込みを重ねる行為は非常に危険です。

もしも住宅ローンの審査に落ちるようであれば、信用の回復を優先すること。

住宅ローンの多重申し込みは、それだけでブラックリストに載る行為として知られています。「申込みブラック」と言われている行為です。

任意整理住宅ローンまとめ

返済中の住宅ローンに対して任意整理を実行すれば、住宅を手放す結果になり兼ねませんので、住宅ローンはあくまでも任意整理の対象外です。

任意整理をしても住宅ローンの返済が厳しい人は、自分で返済期間の延長や返済猶予などについて金融機関に相談してみましょう。

一方、任意整理における事故情報は、抹消まで最短でも5年を要します。

事故情報が消えない限り、方法こそあるものの、新しい住宅ローンを組むことは非常に困難です。

また、ブラックリストから削除された場合、一時的にスーパーホワイトという状態が誰にでも発生します。

スーパーホワイトのままでは、住宅ローンの審査に落ちやすいので、信用の回復を目指してクレジットカードなどを使っていきましょう。

住宅ローンを組むときには任意整理以外の事故情報に注意し、住宅ローンの多重申し込みをしないことも重要になってきます。

任意整理は比較的簡単に債務整理ができる方法ですし、任意整理ができる段階で債務整理をした方が良いのですが、その機会を逃している人が多いですね。 ...
スポンサーリンク

関連記事

任意整理できない人はどんな人?弁護士に断られるケースとは!

任意整理のデメリットとメリットどちらを優先すべきなのか?

任意整理後の借り入れが可能な時期や信用回復のための生活心得

任意整理の費用はどれくらい?お金がなくてもできる方法とは!

任意整理の和解ができないケースと交渉に応じない貸金業者の対応

任意整理を弁護士に依頼した方が良いのはどんなとき?