任意整理の費用はどれくらい?お金がなくてもできる方法とは!

任意整理の費用は高そうだし、お金がなくて困っているのに支払えるのでしょうか?


借金が払えない人に
弁護士費用は無理なんじゃないの?

普通そう思うよね。
でも、ちゃんと払えるのよ。

お金がなくて借金の返済に困っているのに弁護士費用を用意するなんてできない!そう思うのが普通ですが、今すぐ払えるお金がなくても任意整理はできるのです。

今回は、任意整理にかかる費用や無理なく支払える方法について詳しくお話しします。

スポンサーリンク

任意整理の費用はいくらくらい?

弁護士や司法書士の費用は高額ってイメージありますよね。確かに高いですし、法律事務所によって金額の差もあります。

任意整理の場合は、整理する債権者(金融業者)1社当たりの金額が設定されていて、どの法律事務所でも同じです。


じゃあ、件数が多いほど費用も高くなるのね。

そうなるわね。
さらに、料金プランも色々あるのよ。

任意整理の費用は、着手金、報酬金、減額報酬、成功報酬、実費費用などがありますが、着手金や減額報酬を請求しないところもあります。

  • 着手金
  • 依頼したときに支払うお金で、成功してもしなくても必要な費用ですが、着手金0円のところも増えています。

  • 報酬金
  • 任意整理に成功したときに発生する報酬で、1社当たり2万~3万円が相場ですが、着手金0円のところは、高い傾向があります。

  • 減額報酬
  • 債務額を減額した額に対して請求する報酬で、10%のところが多いですが、減額報酬なしのところも多くなっています。

  • 成功報酬
  • 過払い金返還請求に成功した場合に、返還された金額に応じて請求する報酬で、20%くらいのところが多いです。

  • 実費費用
  • 事務手数料などの実費費用です。

減額報酬がある場合は、費用が高くなるので、「減額報酬なし」の事務所を選ぶ方が良いです。

また、着手金0円の場合は報酬金が高く、着手金が高い場合は報酬金が安く設定されていることが多いので、トータルで見た方が良いですね。

弁護士は日本弁護士連合会の「債務整理事件処理の規律を定める規程」、司法書士は日本司法書士会連合会の「債務整理事件における報酬に関する指針」で、任意整理の報酬が制定されています。

ただ、罰則があるわけではないので、法律事務所によって違っていますから、依頼するときには料金プランをきちんと確認して相談すると良いです。

スポンサーリンク

お金がなくても費用が払えるからくり

任意整理する債権者が複数あると、費用もそれなりに高額になるので、とても支払えないと思いますよね。

ですが、たいていの場合は支払えるんです。

例を挙げて説明しますね。

■任意整理する借金例
債権者が5社
着手金0円
報酬金1社当たり3万円
減額報酬なし

■任意整理の費用
3万円×5社=15万円

15万円もの費用を一括で支払うのは無理ですが、ほとんどの法律事務所は分割支払いに対応しており、支払いの相談をしてくれます。

いつ払うかというと、任意整理の手続き中に分割で支払うのです。

15万円を5回分割で毎月3万円支払う場合、以下のようなプランにできるのです。

■支払いプランの例
1ヶ月目:依頼
2ヶ月目:受任(返済がストップ)
3ヶ月目:3万円
4ヶ月目:3万円
5ヶ月目:3万円
6ヶ月目:3万円
7ヶ月目:3万円(支払い終了)
8ヶ月目:和解
9ヶ月目:和解金支払い開始

弁護士や司法書士に任意整理を依頼して、債権者に受任通知が送付されると、取り立てができなくなるので、返済がストップします。

債権者との交渉には、3ヶ月~6ヶ月くらいの日数がかかり、和解するまで返済はストップしたままになりますから、お金に余裕ができますよね。

和解が早くできれば、和解金の支払いがスタートしますが、任意整理の費用の支払いが終わるまで、和解の時期を調整してくれる法律事務所もあります。

任意整理の費用支払いが無理なくできるように、支払い方法の相談に乗ってくれる法律事務所を選ぶことです。

弁護士や司法書士を選ぶポイント

任意整理の費用は対象の債権者が複数あると高額になりますが、弁護士や司法書士に依頼して、債権者に受任通知が届くと支払いがストップします。

支払いがストップしてから和解金の支払いがスタートするまでの期間に、任意整理の費用を分割支払いすれば、無理なく支払うことができます。


どの法律事務所でもできるの?

支払いプランの相談ができるところがいいわね。
弁護士や司法書士を選ぶポイント

  • 減額報酬がない法律事務所を選ぶ
  • 定額報酬のみのところがベスト
  • 分割支払いができるところを選ぶ
  • 和解時期を調整してくれるところ

減額報酬がある場合は、任意整理の費用が高額になりやすいので、できれば定額報酬のみで受任してくれる法律事務所が良いです。

分割支払いができるところで、1回目の支払いが債権者への支払いがストップしてからで良い法律事務所の方が費用の支払いが楽です。

任意整理の費用は安い方が楽ですが、同時に債務整理に慣れた弁護士や司法書士を選ぶことも重要です。

まとめ

任意整理の費用は、1社当たりの金額に件数をかけた額になりますから、任意整理する借金の件数が多いと高額になります。

任意整理の手続き中は、返済がストップするので、和解金の支払いがスタートするまでに、任意整理の費用を分割払いすれば、無理なく支払えます。

任意整理の費用は、着手金、報酬金、減額報酬、成功報酬、実費費用などがありますが、法律事務所によって金額やプランが違います。

依頼する際には、料金や支払いのプランを確認して無理なく払えるように相談することをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

任意整理すると信用情報はどこにどのように記録される?

任意整理の和解ができないケースと交渉に応じない貸金業者の対応

任意整理を弁護士に依頼した方が良いのはどんなとき?

任意整理すると住宅ローンはどうなる?マイホームは一生ムリ?

任意整理とはどんな人がどんな時に行うべきなのか?

任意整理で解決するまでの期間や手続きの流れは?