任意整理を弁護士に依頼した方が良いのはどんなとき?

任意整理を弁護士に依頼した方が良い場合とは、どのようなときなのでしょうか?

栄美

栄美
弁護士と司法書士の違いってよく分からないよ。
愛子

愛子
おおまかに言うと、弁護士は法的手続きがなんでもできて、司法書士は制限があるってことかな。

任意整理を専門家に依頼して行うときは、自分の借金の状態やどこまで代理して欲しいかによって、誰に依頼するか違ってきます。

弁護士と司法書士がそれぞれできることを踏まえて、弁護士に任意整理を依頼するケースについて考えてみましょう。

任意整理は弁護士と司法書士でできることが違う!

2003年の司法書士法改正で、認定司法書士なら任意整理の代理人を引き受けできるように変更されました。

任意整理を検討している人は自ら任意整理を行う以外に、弁護士と司法書士のどちらかに依頼するといった選択肢も新たに加えられたのです。

弁護士と司法書士ではできることにいくつか違いがありますので、活用の参考にしていきましょう。

弁護士への依頼は制限が存在しない

弁護士に任意整理を依頼すれば、任意整理の交渉が上手くいかなくても別の債務整理に切り替えることが可能です。

個人再生や自己破産といった手続きもそのまま依頼できますので、何か問題が発生しても任せられるメリットが得られます。

債務額についても具体的な制限が無いため、個別の借金額が例え多額なものであったとしても気にすることなく依頼を出せます。

司法書士では依頼できない場合がある

司法書士に依頼する場合、法的手続きにおいて様々な制限が発生します。

まず、任意整理の対象とする個別の借金が140万円を超えるようなら、司法書士は対応できません。

過払い金が140万円を超える場合も、同様に司法書士には依頼できないので注意してください。

更に司法書士は、簡易裁判所しか訴訟代理権を持ちません。

訴訟がもつれて地方裁判所に移行すれば、弁護士に依頼する必要が出てきます。

任意整理の弁護士費用は司法書士より高い?

借金に悩む債権者にとって、任意整理のためとはいえ弁護士費用は大きく心配されるところです。
司法書士に依頼するよりも、高額になるといった印象を持つ人も多いのではないでしょうか?
発生する費用の種類などを見てみましょう。

弁護士への依頼においてかかる費用とは

弁護士に依頼する場合に発生する費用は相談料と着手金に加えて、報奨金の主に3つです。

着手金を要する際には債権者1社あたりの費用が設定されやすく、報奨金では解決報奨金と減額報酬金、過払金報酬といった種類があります。

任意整理における弁護士費用は高いとは限らない

法律事務所によってそれぞれ費用は異なりますが、相談料が無料であったり、着手金や減額報酬がかからないところも存在します。

また、過払金報酬も弁護士と司法書士では、ほぼ同じ割合に定められています。

弁護士費用を要することを前提にしても、専門家に依頼するメリットは豊富、司法書士に頼れない状況なら弁護士への依頼を役立ててみましょう。

任意整理を依頼する弁護士の選び方のポイントは?

任意整理をしたくても、弁護士に依頼することに不安を感じる人は多くいるでしょう。

弁護士選びのポイントについて押さえておけば、こうした不安も解消していけます。

弁護士選びのポイント

任意整理を弁護士に依頼する場合に重視したいポイントは以下の通りです。

  • 任意整理など借金問題を専門としている
  • 無料相談や電話相談窓口を利用可能
  • 費用の総額など料金体系が分かりやすい
  • 全国対応している事務所かどうか

弁護士には得手不得手があるため、まずは任意整理を任せられる人を探すことが重要といえるでしょう。

無料相談を用意している弁護士事務所なら、無駄な相談料を払わずに済むので非常にお得です。

料金体系が分かりにくい事務所には注意が必要、報酬が相場と比べて高過ぎるところは利用を避けてください。

弁護士事務所を選ぶときには全国対応している方が、相談実績が豊富になりやすくなっています。

事務所が遠方にあっても対応して貰える可能性があるので、できれば全国対応のある事務所を優先してみましょう。

弁護士にはしっかり事実を伝えること

任意整理を任せる弁護士を選んだら、嘘をつくことなく相談をしてください。

相談する段階で事実と異なることを説明した際には、大きなトラブルが発生します。

弁護士には守秘義務があるため、事実を説明することを心がけましょう。

任意整理と弁護士についてまとめ

任意整理は弁護士と司法書士のいずれかに依頼できますが、司法書士では引き受けられない依頼がそもそも存在します。

個別の借金が140万円を超えていたり、過払い金が140万円以上見込めるようであれば、司法書士ではなく弁護士への依頼が適しています。

弁護士費用が気になる人は、相談料や着手金、減額報酬が無料の事務所を選べば、ある程度ですが抑えられます。

借金問題を得意にしている弁護士や、全国対応した事務所の中から、任意整理を任せられるところを見つけましょう。

関連記事

任意整理すると住宅ローンはどうなる?マイホームは一生ムリ?

任意整理の和解ができないケースと交渉に応じない貸金業者の対応

任意整理後の借り入れが可能な時期や信用回復のための生活心得

任意整理するとクレジットカードはどうなる?注意が必要なことは?

任意整理の費用はどれくらい?お金がなくてもできる方法とは!

任意整理できない人はどんな人?弁護士に断られるケースとは!