任意売却とは?どんな人にメリットがあるの?

任意売却とは家を売る手段の一つですが、どんな人にメリットがあるのでしょうか?

栄美

栄美
任意売却って家を処分されて売られること?
愛子

愛子
それは競売よ。
任意売却は競売される前にする方法よ。

任意売却は住宅ローンが払えなくなったときに、競売で処分される前に少しでも高く売ることができる方法です。

任意売却することで、どんな人にどんなメリットがあるのかなどもまとめています。

任意売却についての情報を知っておくと、住宅ローンのやり繰りに困った時の対処法が探しやすくなります。参考になさってください。

スポンサーリンク

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンを支払えない時の対処法の1つです。

住宅ローンが支払えなくなると、一般的には債権者である金融機関が競売手続きをします。

競売手続きは裁判所を通して家が差し押さえられるものです。

競売を避けるにはローンの残高よりも高く家を自分で売るか、家の売却費用で足りないローン残債を自分で用意しなければなりません。

最近注目されている任意売却とは、不動産業者が金融機関と債務者の間に入って取り引きをしてくれます。

不動産業者が債権者である金融機関と話し合い、不動産を売った価格が、例えローン残高を下回っても家を売却できるようにしてくれるのです。

裁判所が介入していないので、任意売却は融通が利くと評価されています。

任意売却をすると、競売で家を売るよりも高い値段で家を売ることが可能です。

競売というのは市場価格よりも低く買いたたかれてしまい、債務者は残りのローン残債をたくさん支払わなくてはなりません。

しかし、任意売却なら相場に近い価格で売却できるので、競売よりもローン残債が少なくなる傾向にあります。

住宅を手放した後も残債は支払わないといけないので、少しでも高く売りたいですよね。

任意売却した方が良い人は?

任意売却とは何かが分かってくると、誰が任意売却をしたら良いかが分かってきます。

任意売却した方が良い人は、少しでも返済金額を少なくしたい人や、できる限り家に住み続けたい人です。

住宅ローンの返済が出来なくなったことを知られたくない人も、任意売却をした方が良いでしょう。

競売というのは、家の売却金額が安くなる可能性がありますし、差し押さえられた時点で家から退去しなければなりません。

借金の返済が出来ないことが、競売にかかると公にされてしまいます。

競売にかかると内覧できないので値段が安くなります。内覧できない代わりに室内の写真が公表されます。

もし子どもがいたりして、出来るだけ情報を公開せずに、家の売却を進めたいなら、任意売却にした方がメリットはあります。

不動産業者が家の売却のサポートをしてくれますし、返済不能になったことが競売のように公になることはありません。

売却値段も相場に近いので、後にローンの残債を支払うのも楽になります。

引っ越し費用を出してもらえるように交渉することもできます。

任意売却のタイミングは?

任意売却のタイミングは、できるだけ早めが良いと言われています。

タイミングを逃すと、不動産が差し押さえられてしまい、競売に掛けられてしまうかも知れません。

任意売却のタイミングは、金融機関から住宅ローンの遅延の通知が来た段階ですね。

金融機関からの通知を無視してしまうと、家を差し押さえられます。

不動産を差し押さえられてしまうと、任意売却の手続きを進められなくなるので注意が必要です。

任意売却のタイミングを少しでも逃してしまうと、差し押さえと競売という展開がすぐに起きるからです。

そうなってしまうと、競売後にローンの残債がたくさん残り、返済負担が大きくなるので気をつけたいですね。

早めに任意売却の手続きをすることにより、家を高く売ってローンの残債を少しでも減らすのがおススメです。

住宅ローンを組んでいる金融機関から返済についての通知が来たら、すぐに任意売却について情報を集めたり、手続きを進めたりした方が良いです。

スポンサーリンク

任意売却は誰に頼めばいい?

任意売却を扱うことが出来るのは不動産業者です。

不動産業者以外にも、弁護士や司法書士事務所が行なうことが出来ます。

時折、住宅ローンを組んでいる金融機関が指定する不動産業者が行なうこともあります。

弁護士や司法書士にお願いすると、自己破産とか任意整理などの債務整理も一緒に行なってもらえます。

住宅ローンが返済できない時に、なんらかの債務整理を考えているなら、弁護士事務所か司法書士事務所に相談するのが良いです。

金融機関が紹介してくれる不動産業者は、金融機関よりのアドバイスばかりをしてくるので注意が必要です。

家の売却が出来たとしても、引っ越し費用などが手元に残らない場合があります。

一方、自分で選んだ不動産業者だと、こちらのメリットを考えながら金融機関と交渉してくれます。

家の売却後の生活のことなども踏まえて、任意売却の手続きを進めてくれるので安心です。

少しでも家の値段を高くしてくれるだけでなく、引っ越し費用なども確保できるように調整してくれますよ。

出来るだけ任意売却の経験が豊富な不動産業者を選んで、依頼すると良いです。

まとめ

任意売却とは、住宅ローンの返済が出来ない時に、自分で家を売却してローンを返済する方法です。

競売と違って裁判所が家を売るのではなく、自分で売却するという点が評価されているポイントです。

少しでも家を高く売りたい人にメリットがあるので、ローンの返済が大変な時には考えてみると良いですね。

スポンサーリンク

関連記事

任意売却と競売のどっちが得?住宅ローンが払えなくなったときの対策

任意売却の流れ!家を売る決断から引っ越しまでスムーズに進めるには!

任意売却後の残債の支払いはどうすればいい?減額してもらえない?

任意売却で離婚時の住宅ローン問題を対処するときの注意点

住宅ローンが払えないときに家を売却しても住み続けられる方法

任意売却のデメリットと失敗しないための注意点!