過払い金返還請求の費用はいくら?

過払い金返還請求をするときに気になるのは、費用がいくら掛かるかという点です。

栄美

栄美
過払い金がゼロでも費用がかかるの?
愛子

愛子
法律事務所によって費用の設定が違うから、費用だけ掛かったなんてこともあるわよ。

弁護士や司法書士の費用は安くはないですから、費用だけかかったなんてことは避けたいですね。

専門家に過払い金の請求を依頼すると、費用がどれくらい掛かるのか、だいたいの相場を知っておくと安心できます。

過払い金返還請求の一般的な費用はいくらなのか、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

過払い金返還請求の費用設定と相場は?

過払い金返還請求の費用設定は、相談費用と着手金、そして基本報酬や成功報酬があります。

栄美

栄美
色んな名目で費用がかかるのね。どの事務所も同じなの?
愛子

愛子
費用の設定は事務所によって違うわよ。
成功したときだけ必要な費用と、成功するしないに関係なく必要な費用があるの。
  • 成功してもしなくてもかかる費用
  • 相談費用、着手金、基本報酬

  • 成功したときだけにかかる費用
  • 成功報酬、減額報酬

相談費用は基本的に1時間5000円程度となっていますが、無料で相談してくれる専門家も増えています。

着手金というのは、過払い金返還請求を専門家にお願いするときに支払う費用です。

この着手金についても、無料にしている事務所が増えてきています。

弁護士事務所に比べて司法書士事務所のほうが無料で相談や、着手金なしの契約をしてくれる傾向があります。

基本報酬というのは、過払い金返還請求のために調査や交渉、そして最後の返金手続きまでの全体の費用となります。

金融業者1社に対して、4万円前後の費用を設定している事務所が一般的で、成功してもしなくても必要な費用です。

過払い金返還請求に成功した場合の報酬は、返還された額の20%程度が一般的です。

過払い金があっても返還金が発生しないケースでは、債務が減額されることがあります。減額報酬と呼ばれる費用で、減額された債務の10%程度になるのが相場です。

完済後の過払い金請求におススメの費用設定

過払い金返還請求を、借金の完済後に行なうときには、どれくらいの費用設定がおススメでしょうか。

まず、成功報酬は、20%程度に設定している弁護士や司法書士の事務所が一般的です。

過払い請求の広告を大々的に行なっている大手の事務所は、全体的に費用が高めとなっています。

しかし、広告を出している業者でも、費用設定が妥当な事務所もあります。

例えば、着手金や基本報酬などは無料で、成功報酬だけがかかる事務所です。成功報酬が髙めでもその他の費用がかからないので、結果的に安い場合があるのです。

成功報酬というのは、金融業者から振り込まれる過払い金の中から支払われますので、実質手元にお金が無くても過払い金の請求を依頼することが可能です。

初期費用が無料のところで、尚且つ過払い金がゼロだったときには、費用もゼロになるような事務所が良いですね。

初期費用が必要なところは、過払い金がゼロだったとしても費用がかかってしまうからです。

完済後の過払い金請求を依頼する事務所を選ぶときには、かかる費用が成功報酬だけのところがおすすめです。

成功報酬だけの事務所は、裁判になったとしても裁判費用が別途請求されることは無く、全て成功報酬の中に含まれます。

仮に裁判に負けて過払い金が何も支払われないとしても、専門家に支払う費用はゼロになるので利用者の負担が減ります。

返済中の過払い金請求におススメの費用設定

返済中の過払い金請求の時のおススメの費用設定は、基本報酬のみの事務所です。

まだ返済している途中という事は、残債があることになりますので、過払い金請求は債務整理扱いとなります。

債務整理の場合は着手金が必要な事務所が多くなりますし、基本報酬が数万円程度発生する事務所もあるので注意して下さい。

過払い金請求をした結果、過払い金が返還されるのではなく、債務が減額になったときには減額報酬が発生します。

減額報酬は減額された金額の10%程度となっています。

過払い金が支払われるわけではないので、手元に一銭も戻ってきませんが、減額報酬として数万円を支払わなければいけないことがあります。

このような事態を避けるために、返済中の過払い金請求の時には、減額報酬も設定されていない基本報酬だけの事務所が良いです。

事務所によっては過払い金の充当して債務整理をした後に、返済を続けるときの代行をしてくれる所があります。

注意しないとその返済代行の手数料が取られることもあるので、そんな時は自分で返済をすると伝えるようにして下さい。

スポンサーリンク

法律事務所へ依頼するとマイナスになるケース

過払い金の請求を、法律事務所へ依頼するとマイナスになる場合があります。

過払い金の額が少ないときやゼロのとき、着手金や基本報酬の支払額の方が多いと、赤字になってしまうのです。

過払い金が少ないときの例

過払い金返還額:5万円
着手金:1万円
基本報酬:4万円
成功報酬:1万円(20%)

過払い金が5万円なのに費用が6万円もかかり、1万円損したことになります。

また、弁護士に依頼するか司法書士に依頼するかでも、費用が違ってきますね。

例えば、弁護士は返還を求める額が140万円以上の案件でも扱うことが出来ますが、司法書士が扱えるのは140万円未満です。

一般的に弁護士の法律事務所のほうが費用は高い設定になっているので、返還を求める額が140万円未満であるなら司法書士に頼んだ方が費用が少なくて済みます。

司法書士でも費用が高い場合もありますし、安ければ良いというものではありません。

また、どの司法書士でも良いというわけではありません。

過払い金請求の手続きや交渉が行えるのは、認定司法書士だけになっていることも覚えておきましょう。

およその金額になりますが、自分で過払い金の計算をしてみると良いですよ。

過払い金の請求を考えているときに、大体で良いのでいくら手元に戻ってくるかを計算したくなりますよね。 自分でできる利息の引き...

まとめ

過払い金返還請求の費用は、弁護士の法律事務所と司法書士の事務所で異なっていることがあります。

どの事務所に依頼するかを決めるときには、成功報酬だけを費用設定している事務所にしましょう。

相談費用や着手金、さらに基本報酬や実費などを請求されると、せっかく過払い金を受け取ってもあっという間に必要経費として無くなってしまいます。

成功報酬だけを請求してくる事務所を選ぶなら、たとえ過払い金が支払われなかったとしても費用は掛からないので安心です。

スポンサーリンク

関連記事

過払い金とは?どんな人がどんな場合に請求できる?

過払い金の時効はいつから10年?見落としがちな請求期限とは!

過払い金の計算方法!自分でできる利息の引き直し計算

過払い金返還請求は自分でできる?交渉手順と失敗したときの対策

過払い金にデメリットはある?返還請求しない方が良いケースとは!