自己破産したら車は処分される?乗り続けられるのはどんな場合?

自己破産すると車が処分されるのではないかと気になっていません?

栄美

栄美
そういえば?愛子さん愛車を乗り続けてるよね?処分されなかったの?
愛子

愛子
処分されるはずだったんだけどね。残すことができたの。

自己破産して車が処分されると仕事や通勤、家族の介護などで困ることもありますよね。特に、田舎暮らしだと車がないとかなり不便です。

実は、自己破産しても条件次第で愛車を乗り続けることは可能なんです。

今回は自己破産したときに愛車を残せるかどうかについて分かりやすくお話しします。

スポンサーリンク

自己破産すると車を失うケース

自己破産したときに車を残せるかどうかは、車のローンが残っているかどうかが大きなポイントになります。

車のローンが残っていると残せない

信販会社で車のローンを組んでいる場合は、ローンを完済するまで車の所有者がローン会社になっています。車検証を確認してみてくださいね。

ローン会社の所有物なので勝手に売買することもできません。

自己破産の申立をすると債務の返済がストップするので、車はローン会社が引き上げることになります。車が担保になっているのです。

ローン会社にキーを渡してお別れになっちゃいます。

車の所有者がローン会社ではなく、自動車販売会社になっている場合は、引き上げを拒否することもできます。

しかし、最近はローン会社の所有が殆どになっているので、基本的に引き上げられると思っていた方が良いですね。

銀行のカーローンを組んでいる場合は、車の所有者は購入者になっていると思います。その場合は、車の査定額により処分されるかどうかが決まります。

車の査定が20万円以上だと残せない

自己破産すると20万円以上の価値がある財産は処分され、債権者に配分されます。

家財や家電など、自己破産しても処分されない財産もあるのですが、車は該当しないので20万円以上の価値があれば売買されます。

車の価値は売値ではなく買値で判断されるので、買い取り業者などで査定して判断することになります。

栄美

栄美
低めに査定してもらうとかってありなの?
愛子

愛子
通用する場合もあるけど、正規に査定してもらった方がいいわよ。

20万円以下になるように査定してもらうと良いなどと言う方もいますが、破産管財人も査定しますから、かけ離れた査定額だと認められないかもしれないですよ。

また、車種や初年度登録からの経過年数によって、査定が不要な場合もありますから、弁護士さんに相談してみると良いです。

会社所有の車は全て処分される

会社が自己破産する場合には、会社所有の車は査定額に関係なく全て処分されます。

会社名義の車を個人名義に変更すると残せる場合もありますが、査定額以上の価格で個人が買い取る必要があります。

買い取る場合には、売買の証拠を振込で通帳に残しておくことです。

ただ、中小企業の場合は代表者も同時に自己破産するケースが殆どなので、自己破産しない家族が買い取った方が良いですね。

いずれにせよ、自己破産前の財産の売買は弁護士に確認した方が良いです。

スポンサーリンク

自己破産しても車を残せるケース

自己破産しても資産価値がない場合は、車を処分されることはありません。また、20万円以上の価値がある車を残す方法もないわけではありません。

車の所有者が家族なら残せる

車の所有者が自己破産する本人以外の場合は、車を処分されることはありません。

栄美

栄美
奥さんの名義で旦那さんが払った場合でもOKなの?
愛子

愛子
その場合は認められないかもしれないわね。

夫の給料で購入した車を収入がない妻の名義にしている場合で、夫が自己破産する場合は夫の財産とみなされる場合もあります。

栄美

栄美
事前に名義変更した場合はどうなの?
愛子

愛子
財産隠しになるから止めた方がいいわね。

自己破産前に売買することなく名義変更すると、財産隠しをしたことになるので、バレると免責不許可事由になってしまい、借金の返済が免除されません。

車の査定が20万円以下なら残せる

車の査定価格が20万円以下なら、自由財産として残せます。

買い取り業者や修理工場など、2社くらいで査定してもらい20万円以下なら査定の見積書を添付して処分対象から外してもらえます。

経験上、ディーラーの査定見積もりは高めだったので、ディーラーじゃない方が良いかと思います。

古い車は処分の対象外で残せる

車には耐用年数がありますよね。基本的に減価償却の耐用年数を過ぎていれば、査定しなくても処分の対象外になります。

普通車だと初年度登録から6年以上、軽自動車なら4年以上の車は、資産価値なしとみなされます。

ただ、高級車や外車は高額で売買されることが多いので、耐用年数を過ぎていても査定見積もりが必要な場合があります。

車の査定が20万円以上でも残せる?

ローンの支払いが終わっている車の査定が20万円以上だと処分財産になりますが、査定額以上を支払えば買い戻すことができます。

買い戻しは、自己破産申立後でも可能です。

愛子

愛子
実際に、うちの場合は破産手続きが開始してから、破産管財人さんから買戻しを提案してもらえたのです。

まず、残したい車の査定見積もりを取ります。

破産管財人も査定見積もりを取っており、妥当な査定額であれば、プラス1~2万円で買戻しができます。

ただし、自己破産を申立てた本人(破産者)の名義では買戻しはできませんから、家族などに買い戻してもらうことになります。

買い戻すお金の出どころも、買い戻す人にしてくださいと言われました。

お金を出してもらって、車は使わせてもらうのですから、親兄弟など身内じゃないと引き受けてもらえないですけどね。

うちの場合は、あとで返すからという約束で、息子に買い戻してもらいました。

カーローン支払い中の車も残せる?

自己破産の受任通知が弁護士からローン会社に送付されると、カーローンの返済がストップするので、ローン会社は車を引き上げます。

ローンを払い続ければ車を引き上げられることはないのですが、自己破産する場合は、一部の債権者だけに支払うと不公平になるので払えないのです。

自己破産前にローンの契約者を変更しておけば、ローンを払い続けることができるので車を残すことができます。

でも、ローンの肩代わりをしてくれる人が必要なので、簡単にはできないですよね。

また、ローン会社がローンの契約者変更に応じないことも多いので、可能性がないわけではないという話です。

裁判所の裁量で残せる場合もある

裁判所が車の所有が必要と認めれば、裁判所の裁量で車を処分されずに残せる場合があります。

どうしても必要な場合に限られていて、通勤や仕事上必要というくらいでは認めてもらえないです。

認められる可能性があるのは、病人がいて車がないと通院できない場合や、介護のために必要な場合です。

まとめ

自己破産をすると基本的に車は処分対象になりますが、財産価値がないとみなされる場合は残すことができます。

ただ、ローンの支払いが終わっていない車を残すのは難しいですね。

車を手放さないために、名義変更や売買などを勝手にしてしまうと、免責不許可事由になってしまい、自己破産に失敗する可能性もあります。

どうしても車を残したい場合は、弁護士に相談して対策した方が良いです。

自己破産手続は素人では難しいですから、弁護士に依頼するのが一般的です。自己破産するしかないと思っていても他の方法が可能な場合もありますしね。

いきなり弁護士に相談するのはためらってしまうようなら、あなたの借金がどんな方法で解決できるか、無料診断してみると良いです。

本名を明かすことなく匿名でできるので、気持ち的にも楽ですよ。

自己破産するしかないとなったら、車を残す方法がないか専門家に具体的な相談をしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

自己破産するとき生命保険を事前に解約してはいけないの?

自己破産後はクレジットカードは作れない?既存カードも使えない?

自己破産できないはずの人が借金の免責を得られるケースもある?

自己破産は弁護士と司法書士のどちらに依頼すべき?

自己破産するとその後の生活はどうなる?悲惨かどうかの分かれ道

自己破産のデメリットを誤解してない?リスクを最小限にする方法とは!