自己破産は弁護士と司法書士のどちらに依頼すべき?

自己破産の手続きは自分でできないわけではないですが、一般的には弁護士や司法書士に依頼しますよね。

栄美

栄美
えっ?自分でできるの?
愛子

愛子
できないことはないわよ。でも大変だと思うよ。
栄美

栄美
そうだよね。じゃあ、弁護士と司法書士のどっちが良いの?
愛子

愛子
そこ迷うわよね。人それぞれだけど、全て任せたいなら弁護士ね。

自己破産の手続きは、専門家に依頼しないとできないわけではありません。

ですが、仕事をしながら書類を作成や金融業者との対応をするのは大変ですし、法律の知識がなければ難しいことも多いですよね。

一般的には、弁護士や司法書士などの専門家に依頼する方が殆どです。

今回は、自己破産をする際に、弁護士と司法書士のどちらが良いのかについて分かりやすくお話しします。

弁護士と司法書士は任せられる事が違う

自己破産手続の依頼を弁護士にするか司法書士にするか、一番の決め手はどこまで任せられるかということです。

弁護士に自己破産を依頼すると

弁護士は法律に関するすべての業務を行うことができます。

ですので、自己破産申立書の作成、提出、本人の代理人として裁判所へ出廷、裁判官や管財人との話し合いを代行し、免責決定を受け取るまで全て任せられます。

裁判官が必要と判断すれば、本人が出廷することになりますが、一度も裁判所へ出廷することなく自己破産手続が終わらせることができます。

本人の出廷を求められた場合でも、弁護士が同席してくれるので安心ですね。

司法書士に自己破産を依頼すると

司法書士の中でも債務整理を行うことができるのは、認定司法書士だけです。

ですが、認定司法書士に自己破産を依頼してできるのは申立書の作成と提出までです。裁判所へ出廷して本人の代理人はできません。

申立後の裁判所での面談などは、自分で出廷して行わなければなりません。

司法書士は同席することもできないので、裁判官や管財人との話し合いも自分一人ですることになります。

申立書の提出後も自己破産が終わるまで、アドバイスなどのサポートはしてくれますが、裁判所で同席した経験がないので、弁護士ほど精通はしてないでしょうね。

栄美

栄美
弁護士なら丸投げできるってこと?
愛子

愛子
資料を揃えたりはあるけど、申立後は弁護士にお任せで淡々と進むわよ。

弁護士に依頼するメリットがある

自己破産を弁護士に依頼すると、弁護士でなければできないメリットが2つあります。

自己破産にかかる手続きの期間を短縮できる

東京地方裁判所など一部の裁判所になりますが、弁護士に依頼すると、申立書を提出した日に「即日面接」が行われ、早ければ当日に「破産手続開始決定」が出してもらえます。

通常は、申立一ヶ月後くらいに面接が行われるので、一ヶ月程度手続きが早く終わる可能性があるのです。

費用を安く抑えることができる場合がある

財産がある場合の管財事件になると、管財人の報酬が高額なので費用負担が大きくなります。

しかし、財産が多くなく調査も少ないと判断された場合に「少額管財事件」を利用することができれば、管財人の報酬が半分以下程度まで抑えることができます。

「少額管財事件」は、弁護士が代理人になっていると、東京地方裁判所と一部の地方裁判所で利用することができます。

通常の管財人の報酬は「最低50万円」ですが、少額管財事件の場合は「最低20万円以上」とされているので、この差は大きいですよね。

自己破産を弁護士に依頼するデメリットもある

弁護士なら自己破産手続の全てを任せられるので、助かりますよね。でも、デメリットもあります。

栄美

栄美
わかった!お金がかかるってことでしょ!
愛子

愛子
まぁ、それもあるけど、人によっては他にもデメリットになることがあるのよ。

申立書を作成するまでは、資料の準備や聞き取り調査など、申立人も自己破産手続のためにやることがけっこうあります。

ですが、申立書の提出後は弁護士に丸投げ状態になるので、終結までに半年以上かかったとしても、申立前より平穏な暮らしになります。

弁護士に依頼して受任されると返済もストップしていますから、経済的にも楽になっているはずです。

すると、自分は殆ど苦労することなく、免責を得て借金の返済から逃れることになるのです。

借金癖がある人にとっては、あまり苦労することなく借金を免除してもらえたので、懲りないんですよね。

懲りずにまた借金をしてしまうような人は、申立書の作成だけ司法書士に依頼して、申立後の手続きは自分でした方が良い場合もあるってことです。

自己破産にかかる費用は弁護士が高い?

自己破産にかかる費用は、弁護士の方が高いので、費用を抑えたいなら司法書士の方が良いと聞いたことはありませんか?

栄美

栄美
あるある!弁護士の方が髙いんでしょ?
愛子

愛子
そう思いがちだけど、一概にはいえないのよね。そもそも、報酬の基準がないのよ。

代行してもらえる仕事の差が大きいのだから、弁護士の方が髙くて当たり前ですよね。

でも、実際には弁護士だから高く、司法書士だから安いわけではないのです。費用の差は法律事務所によるのです。

費用に関してこれといった基準がないので、法律事務所の考えで決められています。中には弁護士より高い司法書士だってあるのです。

まとめ

自己破産の手続きを弁護士と司法書士のどちらに依頼すべきかは、人それぞれの状況によって違ってきます。

私の個人的な考えで依頼の判断基準を挙げるとすると

  • 手続の殆どを任せたい場合は弁護士
  • 自覚をしつつ手続したい場合は司法書士

ですが、実際問題として、仕事をしながら自己破産手続をする方が殆どなので、全てを任せられる弁護士が楽ですよね。

あとは、自己破産に慣れている先生かどうか、費用や支払い方法はどうかなどで、誰に依頼するか決めると良いと思います。

無料相談を受付けている法律事務所が多いので、いくつかの事務所で相談をしてみてから相性が合いそうな先生を選ぶのも良いですね。

関連記事

自己破産の流れと手続中にやっておくべきことや注意点

自己破産したら車は処分される?乗り続けられるのはどんな場合?

自己破産後はクレジットカードは作れない?既存カードも使えない?

自己破産は生活保護者でもできる?弁護士費用やタイミングは?

自己破産すると住宅ローン支払中の家はどうなる?住み続ける方法ってある?

自己破産の費用はいくら?手持ちのお金がなくてもできる方法とは!